ニキビ跡で辛かったけど気にならないレベルまで回復

ニキビ跡というのは、ニキビができた人の共通の悩みだと思いますけど、私は高校生から大学生にかけてニキビ跡に悩まされていたのです。

高校生の頃に主にニキビが顔にでき始めて、当時はニキビが辛かったですけど、市販のニキビケアをいくつか試しているとニキビ自体は割と早く収まりました。

「ニキビが治って良かった」と当時は思っていましたけど、今度はそこからニキビ跡との戦いが始まりました。

私は当時ニキビ跡という概念があまりなかったのですが、ニキビが治ってもニキビ同様に目立つものが顔に残り続けるので、せっかく治ったのにまた悩まないといけないのか?と本当にショックだったのです。

ニキビ跡は時間が経過すれば薄くなる、消えるとは聞いていたものの、私も場合には時間がどれだけ経ってもそんなには変わらない状態でした。

しかも、1番面積が広かったのが頬の部分で、目立つところなのでかなり辛かったです。

ニキビ跡に効果的だと言われるリプロスキンを使いながら、毎日鏡を見る生活をしていたので、ストレスも溜まっていたと思います。

それから結構な時間が流れましたけど、ニキビ跡はある程度は薄くなかったかな?と思います。

ただ、ニキビ跡は大きな変化はなかったものの、私のスタンスに大きな変化がありました。気付いたら、鏡をほとんど見なくなっていたのです。

つまり、いつの間にかニキビ跡が気ならなくなっていたということになります。

私の場合にはニキビ跡が完全に消えることはありませんでしたが、自分が気にならないレベルになったということで解決をしたのです。

リプロスキンの参考はこちら⇒リプロスキンの効果を口コミ