ストレスと肌荒れの関係性

ストレスと肌荒れは、関係があると言われいます。けれども、ストレスによる副次的効果が、強いように思います。ストレスが溜まると、不眠になったり、お酒を大量に飲んだりします。こういう事のほうが、むしろストレス自体より肌に悪影響を及ぼします。

だから、直接的なストレスと肌荒れの関係を明確にするのは難しいです。感覚的に、ストレスが溜まると肌荒れに繋がるという事は、解かりますが、医学的に説明するのは、一般人には無理でしょう。

ストレスが溜まると、吹き出物が出やすくなります。これは、睡眠不足でも大量の飲酒でも同様のことが起こります。また、飲酒によって質の悪い睡眠にも繋がるため、たくさん寝ても肌荒れが起こる可能性が、高くなるのです。ストレスは、本来、高い緊張状態のことを指します。古来、人類は、外敵から襲われる可能性があるため、ストレス状態になると、血圧や心拍数が上がり、機敏に動けるような仕組みになったと言われています。

また、ストレスを感じる状態は、長くなかったとも言われています。現代は、その必要性がないのに、長い時間ストレス状態に置かれています。このストレス状態は、体に負荷を掛けることに繋がり、肌荒れ以外にも様々な体の症状を発生させます。