暖冬か?寒冬か?

秋ごろの天気予報士の予想では、この冬は暖冬だという予報が出ていました。単純にその話を鵜呑みにして12月を迎えると本当に寒さをあまり感じない気温で秋日和と言ってもいいような天気が続いていました。クリスマス前から少し寒い日は増えてきたものの、真冬を感じるほどの寒さはありませんでした。しかも、なんといっても年を明けてからのお正月には、まるで春のような温かい気温が続いて、やはり今年の冬は暖冬なんだなと感じました。

しかし、正月を過ぎたころからだんだんと気温が下がって、なんだかんだで寒くなってきたなぁと感じていたら、昨年に暖冬と予測していた天気予報士が暖冬の予測は取り消しますと言い出しました。なんとこれからかなり寒い日が続くとのこと。来週には全国的に雪も降るのだとか。

完全に油断していました。今年は過ごしやすく、電気代も安くすむのかななんて考えていたら一気に寒冬の予報。全体を通した平均では暖冬らしいのですが、寒さが急にやってくるとのこと。それってただ気温変動の極端な冬ってことですよね。

ということで、本格的な冬がやってきます。気温も下がるので風邪など体調の管理に気を付けないといけませんね。寒さが抑えられていたのでインフルエンザの流行も鈍っていたようですが、これから流行するなんてことも考えられますね。